本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
父からの手紙
謎が絡まるミステリー。
最近江戸人情ものにはまっていましたが、
やっぱりこういう現代家族のミステリーものおもしろいです。
主にふたつの家族が描かれ、
どちらも思いがけない不幸に襲われてしまいます。
自ら招いたことなのかもしれないけれど、
悲しみの連鎖が続きました。

麻美子は中学2年のとき突然出て行った父親がいる。
それでも弟の伸吾と麻美子の元には毎年誕生日に、父から手紙が届く。
いつもどこかで見ているかのような励ましや心配の言葉が綴られていた。
辛いときいつもその手紙を読み返し、いつか父と会う日を想い家族で頑張って過ごす日々。
しかしその穏やかな日々も、婚約者や他殺体で発見、伸吾が殺人容疑で逮捕という驚くべき展開になってしまいます。

もうひとつの家族、圭一は殺人の罪で服役し9年。
やっと刑務所から出てきた。
圭一を待っていると行った歌子は姿を見せず、
事件の発端となった、兄嫁のみどりの行方も知れず、
亡くなった兄のことを思いながらも自分の犯した罪の訳すら分からずに関係者を訪ねていく。
行方の分からないひとが多いのだけど、
探し歩くうちにいろいろな真実に突き当ります。

麻美子と圭一のつながり。
麻美子の父が姿を消した理由。
父はみどりと再婚したのか?
いや焼身自殺したと思っていた兄が。
父の親友、山部のこと。
その息子信勝。
男女が分かれる理由は不倫ばかりでない。
事業の行き詰まり。
家族への思い。

そして最後に明らかになった父からの手紙。
麻美子が50歳になるまであったその手紙を読んで涙がとまりませんでした。
 
| 春色 | その他のか行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。