本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
祈りの幕が下りる時
事件ではなく思わぬところから加賀恭一朗の名前が出てきてどきりとしました。
彼の母親が亡くなり遺骨を引き取りにいく。
家を出てからひとりで生きてきた母の暮らしぶりや関わった数少ない人物。
それが東京で起きた事件に繋がってくるとは。
加賀の管轄で起きた事件でないものの母親と繋がりがあった人物のことでもあり、
突き詰める姿勢はいつものこと。

親と子。生まれた環境。いつものごとく選ぶことが出来ない状況から始まった事件でした。
生きていくため自分を捨てる。
誰でもなく生きていく。極力ひとと関わらずどんなに孤独な暮らしだっただろう。
一目を忍び娘と会うひととき。
娘の幸せのために生きる。
そうでない母親のようなひともいるのだけど、
おせっかいすぎるのもよくないのかな。
人のこころが読めたら無理に入りこむことはなかったのに。
ただひとりの人間として生きることすら難しいなんて。
苦しく辛い。

しかし、母親の思いを知ることとなった加賀の心は迷いなどなくこれから先も真実に向かっていくのだろう。
| 春色 | ー東野圭吾 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
http://shunmama.jugem.jp/trackback/1332