本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
流れ星が消えないうちに
切ない切ない恋愛小説でした。
恋人同士だった加地くんと奈緒子。
しかし加地くんが突然亡くなり、その思いを抱きしめて離さない奈緒子。
そっと手を差し伸べる加地くんの友人の巧くん。

加地くんが亡くなってから玄関でしか寝ることが出来なっている奈緒子。
外国の小さな島のバス事故で突然亡くなってしまった恋人。

奈緒子が加地くんとの思い出をたくさん持っているように、
巧も高校時代の思い出がたくさんある。
最初は友達になんてなれないような相手だったのに、
文化祭の準備で出会ってから一緒に過ごすことが多くなった。
流れ星マシンのエピソードとか素敵。

プラネタリウムでの告白。
こんなんされたら絶対堕ちるよ。
羨ましいな〜

死んじゃった加地くんとの思い出はどんどんきれいになっていって忘れられるわけがない。
巧の気持ちも奈緒子の思いも最もだと思って辛くなる。

でも泣いたり喚いたりしても現実を受け止め受け入れるしかない。
終わりがくるまで生きて行くしかない。

流れ星に願いをかける。
| 春色 | その他のは行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。