本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
あまからカルテット
この本、読んでいて既視感があったのだけどブログに書いてないみたいだしと思いながら読んでいたのですが、
確かに読んだことあるものでした。
一次ブログの更新が出来なくなって感想も書けないままになってしまった本があるのでその頃読んだものと思います。
でも2度目もおもしろかったです。

アラサー4人それぞれの日常を友情、仕事、恋愛にと少しの謎解きを挟み元気に前をむいていきたくなるお話です。
専業主婦だった由香子はブログから人気が出て料理研究家になる。
最近ありそうなお話。
すごく覚えていたのが
いただいた稲荷寿司から彼を探しだそうとする友人たち。
甘食のエピソード。
マンションのドアに掛けられていたラー油の送り主。
大晦日にデパート倉庫に閉じ込められてしまう話。
そして料理が苦手な友人のために皆でそれぞれお節を作って集まる予定がそれぞれハプニングで到着が遅れ義母が先に到着してしまう話。
結局全部覚えてる。
こういう女の友情。ちょっと出来過ぎだと思うけれどいいですね。

 
| 春色 | その他のや行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
http://shunmama.jugem.jp/trackback/1316