本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
泣き童子
百物語のシリーズ。
許婚者が幼なじみの男に殺されるという哀しい出来事がおきたおちかが、
立ち直りの足がかりの足がかりになるかもしれないと、
叔父さんの家に行儀見習いにきて3度めの冬を迎えようとしていた。
お嬢さん暮らしより働いていたほうが楽しいので女中に混じって体を動かす毎日。
そんな中叔父さんの案でちかが客人の不思話を聞く、変わり百物語の趣向が行われるようになった。
語って語り捨て。
聞いて聞き捨て。
おちかも聞いた話を叔父夫婦に伝えたらあとは二度と口にしない。
事の真偽も問わない。

そんな不思議話が今日もまた語られていく。

とてもおどろおどろしい話もあるのですが、恐がりの私も不思議と怖くありません。
ありえない出来事もそれなりに納得して読んでいます。
なんでもありですね。

ひとり心にしまったままよりこうして誰かに話すことで心の仕えが取れることもあると思います。

やっぱり表題の泣き童子が一番印象に残ったかな。
悪事を見抜く赤ん坊。
赤ちゃんのころに見えるものも大人になるにつれ見えなくなると今も言うことありますから、
そんな感じかもしれません。

節気顔もおもしろい。
ある一日だけ死んだひとの顔になる話。

弱いものいじめをしたり悪事を働いたひとに天罰があたるような、
必ず自分に返ってくるというような場合が多いですね。
少し救われます。


 
| 春色 | ー宮部みゆき | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。