本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
夢幻花
 こういうのをエンターテーメント小説というのか東野さんの小説は
とにかく読みやすい。わかりやすい。

以下あらすじねたばれ多いです。





最初に通り魔らしき男に日本刀で殺されてしまう夫婦の事件がありそれが前の東京オリンピックの少し前。
それから毎年朝顔市に家族で出掛けるのが恒例という蒲生一家の登場。
次男の蒼太はあまり気がすすまなかったけどそのあとうなぎやに行くというのでしぶしぶ付き合っていた。
しかし足を痛めて休んでいるときに出会った同じ歳の女の子伊庭孝美と仲良くなり、最初はメール、そしてかわいいデートをしたりしていたが、突然親の反対と、孝美からもおしまいにしようと言われ突然断ち切られてしまった。

そして大学生になった蒼太。
原子力の研究で大学院に進んでいたが震災の影響で行く末に悩んでいた。

鳥井尚人。突然自宅マンションから飛び降り自殺。

秋山梨乃。尚人とは従姉妹。水泳でオリンピックを目指す程だったが突然泳げなくなりプールから去っていた。
それからおじいちゃん(秋山周治)のところに時々遊びにいくようになり、
花が好きでたくさん育てているおじいちゃんにブログを薦めたり、
おじいちゃんの言葉に支えられていた。
そんなある日おじいちゃんの家に行き、殺されているおじいちゃんを発見してしまう。

少し前に珍しい花が咲いたと見せてくれたけれど、
ネットに公開したり誰かに話したらだめだと言われていた黄色の花の鉢が事件後消えていた。

何か情報をつかみたくてネットに載せた黄色い花の写真から連絡をしてきたのは蒲生要介。蒼太の兄だった。

蒼太はずっと家族の中で自分だけがのけもののような気がしていてその訳を知りたかった。
おじいちゃんの事件を追っていた梨乃と知り合いふたりで少しずつ核心に近づいていく。

江戸時代にはあったはずの黄色い朝顔が今は見られなくなったのは何故か。
元々薬としていた朝顔の種。
黄色い朝顔の種が特別に覚醒作用があることがわかり、それを飲んだひとたちが事件を起こす。

ここで最初の日本刀の男の事件。
殺された夫婦の忘れ形見の志魔子は蒼太の母。
兄の要介、その父、祖父代々続く警視庁勤務。
黄色い朝顔を世に出してはいけない。
その使命を背負う。

黄色い朝顔の種を食べて興奮状態になり書いた曲が素晴らしいと種の威力にはまってしまったバンドをやっていた鳥井尚人とその仲間大杉雅哉。
種の栽培を尚人のおじいちゃん(秋山周治)に頼んだことからふたりはおじいちゃんの家に出入りするようになる。
尚人亡きあと種がどうなったか気になる雅哉はひとりで周治を訪ねる。
しかし種を幻覚剤として飲んでいるのだということを知られてしまい、
警察に通報するという周治を殺してしまう。

黄色い朝顔を知ったために起きた悲劇がたくさん。
幻覚剤と薬とは紙一重だと思う。
人を狂わせたり治したり。
世の中には負の遺産というものがある。
誰かが受け継いでいかなければならないなら自分が。
ってかっこいい最後の蒼太。
梨乃もプールに再挑戦。


すっかりあらすじを書いてしまいました。
自分メモ。
| 春色 | ー東野圭吾 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。