本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
しのぶ梅
 こういう時代ものいいですね〜
連作短篇で次も出ているようなので読まなくちゃ。

最初読み初めて呉服屋の若旦那、綾太郎が主人公かと思って主人公にしてはやな感じで器が小さい人だななんて思ったのですが違いましたね。
着物のことならなんでもこなす着物の始末屋の余一が中心でした。
綾太郎っては余一に敵対心ばかり燃やして小さい男!
余一に方片思い中のお糸は一膳飯屋の看板娘。
かなりの美人さんなようです。
こちらの恋はなかなか進展がありません。
新しく着物を作るばかりで着物が財産だという人たちと、
何度も着て着古しても痛んだら直して着る人たち。
着物を大事にするという意味。
母親の形見だったり若いころの思い入れがあったり着物ひとつにいろんな物語がありました。
| 春色 | その他のな行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。