本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
雲の階段
 どうも私は映画化されたりドラマになると原作を読みたいという気持ちになるらしいです。
こちらもドラマ化されたもの。

離島の医院で事務員として働いていた男(三郎)が
医師の手伝いをしてるうち、手先が器用だったのか幸か不幸か実際に医療行為をするようになっていく。
もちろん医師資格のないまま。
そんな時、観光客の女子大生(亜希子)が急患で運びこまれ、
医師不在のまま三郎が手術をすることになってしまう。
手術は成功。
そんな三郎の手腕にも惹かれたのか二人は付き合うようになる。
運命のいたずらかのように亜希子の父親は都内の病院の院長。
なんと二人はそのまま結婚、三郎は病院の後継者になる。
まさかここまで嘘を突き通し病院に入るとは、
なんという度胸というか身の程知らずというか呆れます。
自分の母をもダマすかのようで心が痛む。
このままうまくいくわけがない、どこでばれるのだろうかと読みすすみましたが、
結局ひとり姿を消す三郎。
誰も幸せになれないままのような。後味悪いですね。


| 春色 | ー渡辺淳一 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。