本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
桜ほうさら
 あやかしものでない時代もの。
長編ですが宮部さんのはさくさく読めますね。

武士の家に生まれながら、剣術が苦手でおとなしい古橋笙之介。
父がそんな優しい性格ながら母と兄は勝ち気な生活であった。
兄が家を継げばいいからと気楽な気持ちでいた笙之介であったが、
父が賄賂の疑いをかけられ自害したことからお家は廃絶。
しかし父がしたこととは思えぬ笙之介は父の無念を晴らしたいとの思いを胸に、
江戸へ出てくることに。

他人の筆跡を真似て同じように書くことはできる者を見つければ、
父の濡れ衣も晴れるかもしれない。
絵や字がうまい笙之介は写本をしながら、そういう人物探しに気にかけていた。
長屋暮らしをするようになって、
周りの人物がそれぞれ個性豊かで楽しく、
たまに事件に巻き込まれるも、それなりに暮らしていた。

桜の精のごとくふと見かけた女性、和歌のことが気になる。
顔や体に多分今でいうアトピーのような症状なのか痣のようになっていてあまり外へ出られないとう境遇ながら、おとなしい女性というわけでなく、
随分和歌のことが気になっているのにちっとも進展しなくてもどかしい限り。

しかし後半、笙之介を襲った刃。
枕元での和歌の叫びに涙が溢れる。
和歌が連れ戻してくれたのですね。
父上のもとから。

そして生まれ変わった幽霊さんの側には和歌が。
きっと仲睦まじくも明るい日々が。
和歌やおつたのお小言も聞こえてくるようです。

| 春色 | ー宮部みゆき | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
http://shunmama.jugem.jp/trackback/1246