本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
望郷
 瀬戸内海に浮かぶ、白綱島。
島にかかわる人たちが織りなす人生模様。
連作短篇です。

なんだかどれも暗く重くて湊さんらしいといえばらしいですが、
読んでいてどんよりしてしまいます。
島で生まれずっと島で暮らすしかないひとも、
出ていったひとも、それぞれ理由があるのだけれど、
せまい範囲だから、いじめとか殺人自殺、負の事件から逃れるには外で出たほうがいいのかもしれない。
でも家に親にしばられる人のなんて多いこと。
逆らったっていいのになんて思うけど、
そこに勇気はなかったのか。

印象に残ったのは島を出て歌手になった男のことが描かれた『雲の糸』
有名人になると親戚や友達が増えるというのは聞く話だけど、
なんとももどかしい背景です。
母の哀しみ、子供の悲しみ。
最後の『光の航路』で、少しだけ光が見えて救われたような気持ちです。

少し前に読んだ『島はぼくらと』の方が明るいですね。


| 春色 | ー湊かなえ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。