本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
残月 みをつくし料理帖
 待ち遠しかった『つる家』の再開。
読者としたら再会という気持ちです。
前作のラストで吉原の大火により又次が亡くなり、
その哀しみのまま待っているのが辛いほどでした。
でもつる家や皆の日常がそこにありました。
こういうシリーズものは主人公の成長も楽しみでありそれを見守っている気持ちにもなるのですが、
澪の話し方が最初は違和感を感じるほどに変わりました。
いえ成長しようとしています。
又次さんから託された思いが澪を変えたのでしょう。

ああそれにしても最初からおいしそう。
鮎飯に鯵の棒寿司。
食べたいーー

決して手をぬくことなく丁寧に丁寧に料理をする姿。
それをふきちゃんに教え自らは新しい調理法を考える。
大坂で好まれたものが江戸でうけないということも多く経験してきた澪だけど、
高野豆腐もこんなふうになるのですね。

そして澪の胸にいつもあるのは、
あさひ太夫の身請けと天満一兆庵の再建。

澪と野江として再会することがいつか叶うのだろうか。

天満一兆庵の若旦那だった佐兵衛との再会。
芳を苦しめるだけになってしまうかもと思われたけれど。
そんな芳の今後、前向きに描かれます。
一兆庵の女将として生きていたころと少しも変わっていない芳のふるまいが素晴らしいです。
きちんと生きているひとには途は開けるのだと思えます。
だから澪や野江ちゃんも幸せになってもらわなくちゃ。
生きていてよかったと思える人生に。
次回は新たな場面での澪が描かれるのでしょうか。
すでに楽しみです。



| 春色 | ー高田郁 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
春色
岐路につ着くまでに読んでしまったのですか。
それは早い!
私も本屋に行く度に読みたい本が増えて自分を苦しめてします(^^;
いつもありがとうございます。
2013/07/13 9:14 AM
もとこち
私も発売日に書店で購入し、岐路に着くまでに読了でした。本当に待ち遠しかったですよね。今は中1の娘の手に。
勢いで『晴れときどき涙雨 高田郁のできるまで』も購入してしまいました。積読本が多くていつ読めるか判りませんが。(汗)

また、楽しい春色さんの書評を楽しみにしていますね。
2013/06/29 10:03 AM
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
http://shunmama.jugem.jp/trackback/1243