本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
あい 永遠に在り
大好きな澪つくしシリーズの作家さん。
こういう実在の人物を描くこともあるのですね。

さて、私はこういうあまり日の目をあびていない実在の人物の軌跡を追った小説が好きです。
今までも植松三十里さんの小説など、どれも大好きで読んできました。
記録としてあまり残っていないそうなので、あくまでも物語として脚色されているものですが、
その時代背景とともに生きていた人物のことが、
とても愛おしく思えてきます。

関寛斎という、医師でありながら晩年は北海道の開拓に命を燃やした人物。
その妻の『あい』がこの物語の主人公です。

田舎の農家の三女に生まれ、ほとんどは同じ土地で農家として一生を過ごすのだけど、
医師になった男に嫁いだあいは、場所も全国あちこちへ移り住み、
夫の志を傍らで支え続ける。
子供のころ寛斎の母に仕込まれた機織りの技術はどこへ行ってもあいを助け、
百姓生まれの立派な心根は両親や姉から受け継ぎ、
どこへ行ってもくじけることなく進んでいく。
まず第一に夫を信頼しそこには愛が。
夫に限りない援助をしてくれる人物が現れるのも、もちろん寛斎その人物の生き方姿勢によるものだけど、
いつもそこには『あい』が、
離れて暮らしていても必ず『あい』が感じられる。

子供を亡くす哀しみが幾度もあいを襲う。
そういう時代だったのかもしれないけれど、
生きていくだけで精一杯。
どんなに貧乏しても食べるものがなくてもくじけることなく進む勇気。
愛だけでこうも生きられるものでしょうか。

山桃のエピソードが秀逸です。
素敵な夫婦の物語でした。


| 春色 | ー高田郁 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。