本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
書店ガール2
 ブログに読書に記録を載せているくらいなのでかなりの読書好きな私ですが、
ネットで買うよりやっぱり書店で本を手にとって購入するのが好きです。
いつも本屋さんへ行くとあれもこれも読みたくなってしまって困ってしまうのが悩みです(^^;
本屋さんが大好き。
そんな本屋さんの裏側、いろいろな事情が垣間みられてとても面白いです。
1巻では熱心なあまり問題を起こしていた印象の亜紀がなかなかいい書店員になっています。
閉店してしまった書店から大手チェーン店へ転職した亜紀と理子。
理子は早速店長として奮闘しています。
今回の部下は、博多本店から副店長としてやってきた田代。
地元に妻子を残して単身赴任です。
この田代がやり手でまた理子のためと動いてくれるので絶対理子に気があるなとわかるのですが、
これがまた妻子がいるのですんなり行くわけに行かず。
理子もいい感じなのにね〜
亜紀の方は仕事がおもしろくなってきたところで妊娠。
夫と意見が合わず、仕事と家庭と、働く女性にとっても夫婦としても難しい問題ですね。
大手チェーンや個人店や、書店のあり方もそれぞれだけど、
本が好きという気持ちはくかわらなくて、
盛り上げようとする気持ちがあるイベント開催に向けて動き出す。
いい展開でした。



| 春色 | その他のあ行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
http://shunmama.jugem.jp/trackback/1233