本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
 発売の日に行列ができる作家さんなんてすごいですよね。
やっぱり読んでおかないと。
あっ行列はしていません。

なんとも不思議な題名がまずはインパクト大。
覚えにくいですが、これは読んでみたらなるほどと思えます。

高校時代に仲がよかった5人組。
赤松、青海、白根、黒埜、
と、多崎つくる。
確かにつくるだけ色彩がない。

大学2年のときに突然もう会わないと言われ、
死を考えるだけの日々を送った。
その後就職をしてかろうじて生きてきたようなので、
かなり暗い内容になるのかと思いましたが、
読んでいてそれは静かに案外心地よく流れていきました。

彼だけが知らなかった事実が彼を苦しめた。
青春時代のわりとよくある設定なのに
いろいろ印象に残る言葉を使っているので新鮮な感じがします。
さすがというところでしょうか。












| 春色 | ー村上春樹 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
http://shunmama.jugem.jp/trackback/1231