本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
妖怪アパートの幽雅な日常 1〜10
 これは文庫でふと手にして読んでみて大正解。
もう妖怪アパートの住人たちの大ファンになってしまいました。
勢いこんで続きをずっと買ってみたものの文庫は8巻までしか出ていなくて、
9、10はライトノベル版を図書館で借りて読みました。
でも文庫が出たら揃えておきたいから買わなくちゃ。

さて、内容。
主人公、稲葉夕士は中学1年のとき両親を交通事故で亡くし、
中学のときは伯父の家で暮らし、高校になって寮生活を始めるも、
寮が火事で全焼してしまい、格安アパートを借りて住むことになる。
で、そのアパートが妖怪たちがうじゃうじゃ暮らす、妖怪アパートだったとういわけです。
こんなことが実際だったら腰を抜かすどころの騒ぎじゃないけれど、
小説だから(漫画もあるのね)おもしろく読めるという感じです。
だって、手首だけの妖怪とか目の前にしてみて。
でもこの手首だけの妖怪るり子さんは、バラバラにされて殺されたという辛い過去があるのだけど、小料理屋を開くんが夢だったということで料理がめっちゃ上手なんです。
アパートの食事を引き受けるまかないさんなんだけど、
めちゃくちゃ美味しそうな料理が目に見えるよう。
そしていつもよだれが・・ははw

親友の長谷泉貴はいいやつだし、
10巻あるのでまあいろんなことが起きるのだけど、
まあほんといいキャラの登場人物(あっ人じゃないのが多いけど)
満載で面白くてたまらないーー

もっと続いてほしかったくらいです。
いろんなことを吸収して大人になった夕士くん。
君はいい人生を歩んでいるね。

| 春色 | その他のか行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。