本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
晴天の迷いクジラ
 産まれた場所とか環境、そして親、
自分では選ぶことが出来ません。
他を知らないときはそれが普通だと思うけれど、
あるときそれが普通じゃないと知ることになる。

由人、野之花、正子。
そんな状況から必死に生きていたけど、死にたいと思うようになり出会った三人。
由人は野之花の会社の社員なのだけど、
正子とは偶然の出会いでした。

働いても働いても生活が楽にならないで一生を過ごすひとがいる。
自分のやりたいことは我慢するしかない。

んーー親って、子供のことはちろん心配だけど、
正子の母親、
最初の子供を赤ちゃんのときに突然亡くなってしまったため、
次の正子を徹底的に管理監視する。
少しは気持ちがわからないでもないけど、
これは正子がかわいそう。

何故か、湾に迷いこんだクジラを見にいくことになり、
その先でお世話になったおばあちゃんと孫の家でしばらく過ごすうち、
やっと正子も自分の人生を生きることが出来るようになりました。

クジラが海へと帰っていったように、
自分の居場所を見つけるために。
どうか三人の未来に光がありますように。




| 春色 | その他のか行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
http://shunmama.jugem.jp/trackback/1186