本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
鳥が教えてくれた空
 新刊を買ったり、予約していた本を読んだりしても最近いまひとつだったので、
コメントをくださるもとこちさんにお薦め本を教えてもらいました。

三宮麻由子さん、申し訳ないのですが、全く知りませんでした。
4歳の時に視力を失ってからの生活の様子、
この本では翻訳の仕事をするころまでが描かれていますが、
現在はエッセイストとして活躍されているようです。

目が見えない分、耳はいいのかと今まで単純に思っていた自分を恥じました。
そんな単純なことではないですよね。
いろいろと新鮮な発見がありました。
見て情報を得られない分、どのようにして情報を得るのか、
そのひとつに鳥の鳴き声があるのです。
身近なスズメ。
彼らが朝さえずりを始めることから、夜明けがわかり、
寝ぼけ声から、活動を始める声、こんなにもいろいろ意味があるなんて。
耳を澄ませて鳥たちの声を聞いてみなければ。
そういえば、最近スズメの姿すら見ていないかも。
私が住んでいる所は、裏に山があるので、野鳥もそこそこいるみたいですが、
よく見るのはハクセキレイ。
朝、外に出ると庭を散歩しています。
歩き方がかわいい。
でも鳴き声はよくわからないな。
やっぱり、目で見る印象が残るのでしょうか。
季節になると、メジロとかうぐいすと、あと、モズみたいなのはよく庭の木にきています。
あとカラスや鳩はもちろん。
本に出てきた、サンコウチョウや、ソウシチョウなどはよく知らなかったので、ネットで検索して姿を確認しながら読みました。

鳥は『神様の箸休め』だと、彼女は言います。
愛を育むために歌を授けられ、歌うために生まれ、
神にいちばん近い天の高みに上がることを許された唯一の生きもの。

書ききれないけれど、不自由なく暮らしている人たちが知り得ないことが
本当にたくさんたくさんありました。
便利な世の中だけれど、
意識して、自然に目や耳を傾けてみたい。


テレビや音楽の音を大きくして聞く家族に比べ、
私は聞こえるギリギリの大きさにしかしないのですが、
それは、他の何かの音が聞こえなくなってしまうから。
最近の震災のことでもそうですが、危機管理としての音、
飼っている犬の声とが、外の音とか常に意識していたい気持ちがあります。

最後、鳥が空を教えてくれたとの文章を読んで、
涙がふわっと流れてきました。
とても温かく感じました。
彼女の生きてきた姿勢を尊敬します。











ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介  
| 春色 | その他のさ行の作家 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
もとこち
私もお薦めしてから再読しました。どうしてって言葉では上手く伝えられませんが、「この本に出逢えて本当によかった」と思える一冊です。

春色さん5星で未読のものもまだまだあります。ゆっくり読ませて頂こうと思います。
今後ともよろしくお願い致します。
2011/06/02 8:38 AM
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。