本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
お江 流浪の姫
 歴史小説といえば、植松さんが好きなので、読んでみました。
植松さんにはまったのは、『めのと』で、茶々のめのとの話でしたね。

お江については大河もあり、大奥でのことなど有名ですが、
これは10歳の少女のころから、大奥へ嫁ぐまでのことが描かれています。
3姉妹の子供時代のことはあまりわかっていないそうです。
歴史にはこうした空白部分があるのは当然で、
小説として描かれるとき、その空白部分のフィクションがおもしろいか否かが重要になってくるそうです。(解説より)

そしてその少女時代の生き生きとしたお江に会えます。
幼なじみだった佐治一成に嫁いだころの、まだまだ子供なお江。
幸せで楽しい時間。
でも、将棋の駒のようだった女の一生。
まさしく流浪の姫なのですね。









ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介  
| 春色 | ー植松三十里 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
http://shunmama.jugem.jp/trackback/1169