本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ツナグ
 『ツナグ』とは、亡くなったひとと、生きている人を1度だけ会わせてくれる仲介人。
亡くなったひとに会う。そんなことが出来るのならば、会いたいひとは多くいるでしょう。
生者の勝手な思い込みかもしれないけれど、聞いてみたいこと、言いたいこと、
ただ会うだけでもいいと、思うでしょう。

依頼は、突然死したアイドル、癌で逝った母、喧嘩したままの親友、失踪した婚約者などいろんな立場、年齢、職業。
小説やドラマならではと思ってしまうけれど、
依頼すると、主に満月の夜、指定のホテルの部屋に死者が現れます。
生きている元気なときと何も変わることなくその場にいることに、
とまどいを覚えるのは生者のほう。

会ったばかりに更に重い枷を背負ってしまうことになる場合もある。
世の中の摂理に抗うことはやはりよくないのではと思ってします。

そんな『ツナグ』の仕事を代々受け継いできた家があった。
祖母からその話を聞き、あとを継いでほしいと言われた歩美。
ツナグ=使者の仕事の意味や、決まり事、教えてもらうことになり、
幼いころ亡くなった両親の秘密も明らかになってくる。
歩美は救われたんじゃないかな。
あと、婚約者が失踪してしまった男性も。
やっと前へ進むことが出来る。
死者と会うなんて、不可能なことだから、
生きている間にしなくてなならないことがわかった気がします。









ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介  
| 春色 | ー辻村深月 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。