本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ストーリー・セラー
 上手だな〜
有川さんの作品は、私には好きなもの好きじゃないものがはっきりわかれてしまうのだけど、
これは好きです。
とっても哀しいので、読んでハッピーになれるものではないけれど。

小説家の奥さんに夫という構図で、Side:AとBふたつの話があります。
大学時代に酷評されてしまった為、自分の書く小説に自身がなくなっていた女性。
偶然(強引だけど)にも、彼女の小説を読んだ同じ会社の男性が絶賛し、
書いた小説を読んでもらって感想を聞いてという付き合いが始まり、
結婚。
幸せな日々を送っていたが、
ある賞を取って、本格的に小説家としてデビューしてから、
何かが変わってきた。
ふたりの愛は確かなのに、
彼女の両親や親戚、大学時代の彼らも足を引っぱり、
彼女を苦しめることになる。
このだんなが、ありえないくらいいい人なんだけど、
小説を読むのが好きで、
自分の奥さんが、そんな一番好きな小説を書く人だという事実は、
テンション上がるだろうな。
あっという間に、生き抜いてしまった奥さん。
書き手と、読み手の気持ちがとても共感できました。
読書が好きで、次々と読むひとの気持ちも、
私と同じでした。
ベストセラーでも自分にとって外れのこともあるし、
その逆もある。
ただ自分が楽しめないものはどんどん流していってさっさと次を当たって好きなもん面白いもん見つけたい。
私もまさしくこれです。
書き手に対して失礼かもしれないと思っていたけれど、
やっぱり、どんなにいいという人がたくさんいても、
よくないという人もいるのです。

Side:Bは、すでに小説家として活躍している彼女と知って付き合いはじめ結婚。
そして、こちらは夫が死ぬらしい・・・
自分の好きな小説を書くひとに実際に会ったら確かにテンション上がる。
どちらの話も、読むのが好きな夫のテンションの上がり方がおもしろいけれど、
ほんとわかります。

夫婦のどちらかが亡くなるって話が二話。
哀しいのだけど、思ったほど泣けなかった。
死ぬのだとわかって読んでいたからか。






















 ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介 
| 春色 | 有川浩 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
http://shunmama.jugem.jp/trackback/1146