本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
謎の転倒犬
好きな作家さんで、犬とタイトルにあったので読んでみました。
しかし、転倒犬の登場は一瞬! 
サブタイトルの「石狩くんと(株)魔泉洞」をタイトルにしたほうがいいのではないでしょうか。

大学4年の石狩くんは、就職活動に励むも夏休みを過ぎるころになっても1社からも内定をもらえず、アルバイトをする日々。
この小説が書かれたころより、更に大変な就職難の今、
小説の題材にも使われるのでしょうか。

でも、小説やドラマのいい所はここで救う神が登場。
何故か、突然見知らぬ人から、来なさいってことになる。
現実ではないよね。
怪し過ぎる。
まあ小説だから楽しんで読みましょ。

カリスマ占い師、魔耶優麗の占いの館で働くことになる。
優麗(ユーレ)の助手のようなことをしながらも、
ここに就職決めたわけじゃないと、
じたばたしている石狩くん。
おもしろそうですよ。占いの館。
連日行列、マスコミにも多く登場する占い師の裏側が見られるなんてさ。

最初に会ったとき、あなたの過去へ行って見て来たと、
最近のことを言い当てられたのを不思議に思い、
絶対謎を暴いてやるの意気込みも、
優麗の手のひらで遊ばれるように、
持ち込まれる不思議な事件と共に、石狩くんの受難!?があれこれと。

ようするに占い師って、相手の話を聞き出し、観察しているといろんなことがわかってきて、
それを見極めるのが上手なんですね。
まあいろんな占い師がいるでしょうけれど、
これはこれでおもしろかったかな。





  ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介 
| 春色 | ー柴田よしき | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。