本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
月と蟹
なんだか『悪の教典』の印象がすごくて次の読書が進みませんでした。

さて、こちらは図書館に予約していたのだけど、
ちょうど直木賞受賞を聞いたころ届きました。
道尾氏、テレビでも特集されていたし
(すみません。見てはいません)
注目の作家さんですね。

好きな作品もいっぱいあるのだけど、
特に『カラスの親指』とか。
実は苦手な作品も多くてですね、すみません。

やっぱり全編暗い印象の作品。
父の会社が倒産し、父が亡くなり、母と一緒に祖父の住む家にやってきた。
小学5年生の慎一。
うまくやっているようでいて、
なんとなくぎくしゃくした雰囲気の3人。
昔、祖父の舟に乗っていた女性が死亡した事件があり、
その女性の娘が同じクラスにいるからか、
クラスにも馴染めない。
唯一同じ転校生の春也と、秘密の遊びを見つけるが、
心から楽しんでいると思えない。
まあそういう年頃かもしれない。
でも小学5年生、もっと無邪気に楽しんでもいいのではないかな。
問題の娘とも、あちらから声をかけてくれたことで、
話をしたり、友人のように接することが出来るようになるも、
その父親と、自分の母親が隠れて会っていることがわかり、
これまた微妙な雰囲気。
お腹の中にもやもやしたものが残る。
母親が、違う方向向いていたら不安になるものだと思う。
最後の最後で、少しだけほっとしました。













 ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介 
| 春色 | ー道尾秀介 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。