本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
KAGEROU
本屋さんでぱらぱらっとして(失礼)
これはあっという間に読めそうだなと、
図書館にしようかと思ったのですが、
すぐには読めないから、
やぱり読みたいしと数日格闘(大袈裟)して、
買ってしまいましたよ。

案の定あっという間に読めました。
読みやすいという点では満点。

自殺をしようと深夜のデパートの屋上にやってきた男。
足を引っ張り助けてくれた黒い服の男。
キョウヤと名乗る男は、
臓器移植コーディネーターのエキスパート。
ふたりは契約を交わす。


闇取り引きされる臓器。
助ける命と、助けられない命。

自殺するくらいだったら、移植を待っているひとに提供して。
って、冷静に考えたら正論かもしてないけれど、
複雑で難しい問題ですよね。
死を受け入れる男もこんなに冷静にいられるものだろうか。
一度自ら死を選んだのだとしても。

それにしても、命を扱っているのに、なぜ軽く感じるのだろう。













 ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介 
| 春色 | その他のさ行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。