本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
セカンド・ラブ
 恋愛からくりミステリーの名手というのでしょか。
乾さんは。
今回もさすがのからくり。
最後まで読むと、最初を読み返したくなる。
絶対からくりと見破るぞ、と意気込んでゆっくり読んだのですが、
なんとなく分かった部分もあったけれど、
完全には無理でした。

でも、主要登場人物の、男性ふたり女性ふたり(?)
私には、ことごとく好きになれない人物でした。

先輩と一緒にスキーに行き出会った、
正明と、春香。
すっごく美人で、実家もお金持ちでいい女らしいのだけど、
そんな美人が何故、高卒で家具屋の行員の正明を好きになったのか。
あっ乾さんが静岡県出身なので、割といつも静岡が出てくるのもおもしろい。
正明は家の事情で高卒なんだけど、浜松北高出身。
この高校なら地元ではかなり自慢できます。
でも東京では通用しないと。

私には正明の良さはよくわからないけれど、
春香のどことなくぎこちない雰囲気も謎。
でもふたりは付き合いはじめる。

ある日、春香にそっくりな美奈子という女性に出会うまでは、
普通の付き合いだったのに、
クラブで働き、化粧のきつい美奈子の存在が気になってしかたがない正明。
やっぱり女って怖いよ。
そしてやっぱり美人には弱いのね、男性諸君。

霊が見えると言っていた春香。
最後にその意味がわかって、序章でもちゃんとほのめかしていたのでした。
あーやられた。







ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介 
| 春色 | ー乾くるみ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。