本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。
 心の細かい描写がとても上手な作家さんだと思うのですが、
今回は、女性特有かもしれない心の内が表現されています。

子供のころ、その子をイメージするものが親の職業だったり、
女の子同士、友だちだけど負けたくない気持ちや、
憧れの気持ち。
自分にも思い当たる気持ちがたくさんありました。
少し前に、負け犬だとか表現された言葉に傷つけられた人たちも多かったでしょう。

物語は、母親を殺して行方不明になった友だちを探していくうちに、
友だちとの関係や、家族、親子の関係、結婚など多くのことが明らかになっていく。

あんなに仲良しだった母親を何故、殺してしまったのか。
そして、何故逃げたのか。

疑問に思いながら、チエミを探す神宮司みずほ。
母親同士も仲が良かったから、ずっと友だちだけど、
チエミが思う気持ちと、みずほが思う気持ちには、ずれがあった。
ずっと子供のときのままではいられないし、
新しい生活もどんどん生まれる。

地元でずっと暮らす友だちも、東京や都会に出て行く友だちも、
それぞれなのは当たり前。
誰かになれるわけもなく、自分は自分なのだ。

よく見回してみたら悪いことなんてないのに、
他人と比べてなかりで悲観したり、
迷ったり、わからなくもないけれど、
味方だと思っていた親にも頼ることができないとわかったとき。

やっぱり、ひとはひとりでは生きていけない。











ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介

| 春色 | ー辻村深月 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
春色→藍色さんへ
タイトルの意味が最後にわかりましたね。
好きな作家さんです。
2010/12/10 9:32 PM
藍色
タイトルに込められた意味がわかったときには涙が出てしばらく文字が見えませんでした。
トラックバックさせていただきました。
2010/12/08 1:31 AM
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
粋な提案
30歳という岐路の年齢に立つ、かつて幼馴染だった二人の女性。 都会でフリーライターとして活躍しながら幸せな結婚生活をも手に入れたみずほと、 地元企業で契約社員として勤め、両親と暮らす未婚のOLチ...
2010/12/08 1:28 AM
http://shunmama.jugem.jp/trackback/1043