本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
聖夜の贈り物
ありえないのだと思って心を冷静にして読もうとしても、
この数々の奇跡を前にしたら、もう
涙が止まりませんでした。
ひたむきに生きる女性たちへ贈るご褒美。
クリスマスイヴの夜に起きた5つの物語です。

『魔法の万年筆』
願い事が3つ叶うという割とよく聞く設定だと思うけれど、
願い事の内容にほろりとさせられました。

『猫』
片目で毛が所々抜けて見た目の悪い猫を飼っている女の子。
その猫が繋げてくれた縁。

『ケーキ』
余命わずかな20才の女の子が起こした奇跡は、
本当によかったね〜と、
思えるものでした。

『タクシー』
これもよかった。
題名から奇跡の意味が先に読めたけれど、
再会できた奇跡に涙。

『サンタクロース』
子供は愛すべき存在であり、
やっぱりサンタさんは魔法を使えるのかな。










 ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介

| 春色 | ー百田尚樹 | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
春色→もとこちさんへ
いつも、もったいない程の言葉をかけていただきありがとうございます。
読みたい本が多すぎてつい急いで読んでしまうのですが、こういう本などはゆっくり大切に読みたいですね。
実は文庫になった『輝く夜』を見つけて、百田さんの新作かしらと、買ってしまう所でした。
手にとって気がつきましたけれど(^^;
今年もよろしくお願いします。
2011/01/25 8:30 PM
もとこち
『輝く夜』として文庫本化され発売されました。『永遠の0』『ボックス』と百田さんのつくる物語の力に魅せられていたので即購入しました。
同じ作家さんが書かれたとは思えない物語でしたが、この世界もとても素敵でした。本当に才能のある方なんですね。
不覚にも「サンタクロース」で胸が一杯になり・・・。

今年も自分のペースでゆっくり読書をします。春色さんを良き道しるべとさせていただきますので、今年も素敵な本のご紹介を勝手に期待させていただきますね。(笑)
2011/01/25 7:22 PM
春色→藍色さんへ
クリスマスにぴったりですね。
ほんと、良い人になれます!
2010/12/26 8:47 PM
藍色
あったかい読後感です。
読んだ後は、ちょっと良い人になれるような気がしました。
トラックバックさせていただきました。
2010/12/24 1:18 AM
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
粋な提案
恵子はクリスマス・イブに、長年勤めてきた会社から解雇を言い渡された。人のことばかり考えていつも損をしている恵子は、この日もなけなしのお金を、ホームレスにめぐんでしまう。ホームレスは「この万年筆で...
2010/12/24 1:13 AM
http://shunmama.jugem.jp/trackback/1019