本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
カササギたちの四季
リサイクルショップ・カササギの店長、華沙々木。
いきなりすごい名前です。
なぜか売れない商品ばかり引き取ってくる日暮。
品物が絡む事件が四季を巡っているのが素敵。
そして空回りの店長のお約束。
でも自信満々の探偵役。
小細工を施した嘘がいっぱい出てくるけど、
店長の間違った謎解きが間に入ることによって、
心温まるものに仕上がるという不思議さ。
 
| 春色 | ー道尾秀介 | comments(0) | trackbacks(0) |
鏡の花
連作短篇は数あれどこういうストーリー初めてでした。
いくつかの家族が登場するのですが、
最初の話では奥さんがなくなっている。
次の話では夫が、更に次では息子が亡くなってしまい、
それぞれもしもの物語になっているかのようです。
別の家族では姉だったり弟だったり、両親が亡くなったり。
似ているけど同じでない世界が広がっている。
どちらがいいだなんて言えないけれど、
もしもああだったらって思うことが物語になっていて楽しめました。
でも誰がいつ亡くなっても悲しみはある。
それが突然だとしたらなおさら。
若いと更に悲しみは増す。
現実にもしもの世界はない。
物語はいいですね。


 
| 春色 | ー道尾秀介 | comments(0) | trackbacks(0) |
月と蟹
なんだか『悪の教典』の印象がすごくて次の読書が進みませんでした。

さて、こちらは図書館に予約していたのだけど、
ちょうど直木賞受賞を聞いたころ届きました。
道尾氏、テレビでも特集されていたし
(すみません。見てはいません)
注目の作家さんですね。

好きな作品もいっぱいあるのだけど、
特に『カラスの親指』とか。
実は苦手な作品も多くてですね、すみません。

やっぱり全編暗い印象の作品。
父の会社が倒産し、父が亡くなり、母と一緒に祖父の住む家にやってきた。
小学5年生の慎一。
うまくやっているようでいて、
なんとなくぎくしゃくした雰囲気の3人。
昔、祖父の舟に乗っていた女性が死亡した事件があり、
その女性の娘が同じクラスにいるからか、
クラスにも馴染めない。
唯一同じ転校生の春也と、秘密の遊びを見つけるが、
心から楽しんでいると思えない。
まあそういう年頃かもしれない。
でも小学5年生、もっと無邪気に楽しんでもいいのではないかな。
問題の娘とも、あちらから声をかけてくれたことで、
話をしたり、友人のように接することが出来るようになるも、
その父親と、自分の母親が隠れて会っていることがわかり、
これまた微妙な雰囲気。
お腹の中にもやもやしたものが残る。
母親が、違う方向向いていたら不安になるものだと思う。
最後の最後で、少しだけほっとしました。













 ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介 
| 春色 | ー道尾秀介 | comments(0) | trackbacks(0) |
光媒の花
次々と新作が出るので、読むのが大変だけど、読みたい作家さんのひとり。
愚かで愛おしい人間に姿を描く連作短篇集。

読みやすいのだけど、ちょっと暗い内容ばかりでどんよりした気分になってしまいました。

認知症の母親と暮らす男性も、
いつもふたりで虫取りをしていた小学生の兄妹も、
陰のあるひとりの少女のことを理解したつもりになっていた少年も、
養母の結婚にとまどう少女も、
トラックの運転手の弟に教師の姉。
みんな人に言えない思いを抱えている。

でも、やっぱり誰かと繋がって生きていく。









 ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介

| 春色 | ー道尾秀介 | comments(2) | trackbacks(1) |
球体の蛇
 道尾氏があまりに次々と新作を出すので、
読むのに追われてしまいます。
どうも気になるんですよね。

さて今回は、運命で片付けられない罪とは・・と、
何が悪いのか、悪かったのかいろいろと悩んでしまいました。

シロアリ駆除の会社でアルバイトする友彦。
会社と言っても、社長の乙太郎がひとりでやっています。
その乙太郎の家に住まいしながら、
忘れることの出来ない深い罪を背負って生きている。

7年前に死んだサヨ。
その妹のナオ。
どちらも乙太郎の娘であり、友彦の幼なじみであり、
サヨが死んだ原因が自分にあるとずっと思い続ける友彦。

そんな中、サヨにそっくりな女性智子と出会い、
運命が動きだした。

悪いひとはいないと思うのに、
(智子の元担任はちょっとだめだけど)
中々幸せに生きられない人々。

直接殺人を犯したわけでなくても、
死に至る原因が己にあると感じることは、
とても重い枷だろう。

過ぎてから、
あの時こうしていたら、しなかったらと、
もしものことを考えても仕方のないことだけど、
後悔は残りますね。
少し後味が悪い。

でも最後の最後に少し光りが見えて、
きっとほっとしました。










 ランキングに参加しています。
ぽちっと、応援していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
| 春色 | ー道尾秀介 | comments(0) | trackbacks(0) |
骸の爪
 ホラー作家の道尾と、友人の霊現象探求家の真備、その助手の北見凛が活躍するミステリー。活躍と言っても、事件解決の鍵を解くのはいつも真備。

取材のために、滋賀の山奥にある仏像工房へ訪れ、
そこで奇妙な出来事に遭遇する。

仏像が所狭しと並ぶ部屋で寝ることになる道尾。
んーこれは怖いです。
私には無理。
人形でもたくさんあると怖そうなのに、
絶対何か出そうです。
実際に霊を信じているわけではないけれど、
呪いとか、悪霊とか頭に浮かんでしまう。

そして、一人、二人と仏師が姿を消す。
と、なればもう・・・
あ〜怖い。

そんな中、同じ仏師でも摩耶ちゃんの明るさが救いでしたが、
先が読めなくて、20年前の謎も読めなくて、
登場人物皆が事件に絡んで、二転三転読み甲斐のあるミステリーでした。








 ランキングに参加しています。
ぽちっと、応援していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
| 春色 | ー道尾秀介 | comments(0) | trackbacks(0) |
鬼の跫音
道尾氏の作品があまりに次々出るので、追い立てられてます。
いつもとても読みやすいのですが、
彼の作品の中で『カラスの親指』とか『片眼の猿』が好きなので、
勝手にそういう作品を求めてしまいます。

今回は短篇が6つ。
どれもちょっと怖い。
狂気の世界。
どれもS君の存在が鍵ですね。
こういうのをおもしろいと言ってしまうのが恐ろしくも感じます。
まさしく鬼の跫音が聞こえてきそうな恐怖。








 ランキングに参加しています。
ぽちっと、応援していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
| 春色 | ー道尾秀介 | comments(0) | trackbacks(0) |
龍神の雨
続けて道尾秀介氏。

台風が近づいてくる。
風も雨も強くなり、出歩くのが大変になる。
そんな状況が、過ちを引き起こした。

蓮と楓の兄妹は、父が家を出ていき、再婚した母も死に、
義理の父親との暮らしが遺されてしまった。

辰也と圭介の兄弟は、心臓が弱かった母が亡くなり、再婚した父親も死に、
義理の母親との暮らしが遺った。

似過ぎている境遇の家族。
義理の親とはうまくいっていなくて、
悪い状況が次々と起きていく。
二組の家族の哀しみが交差し、
暴風雨のように荒れ狂う。

雨のじめじめした暗いイメージそのままに物語が進みます。
最悪の事態が進んで行るのに、
冷たい雨がしとしと降り続くかのように、淡々ともしています。

悪いのは・雨なのか。

たとえ血の繋がりがなくとも、
家族を信じることを忘れてはいけない。

こういう犯人は赦せない。








 ランキングに参加しています。
ぽちっと、応援していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

| 春色 | ー道尾秀介 | comments(2) | trackbacks(1) |
シャドウ
"救い"の物語であるとの帯の言葉を信じて読みました。
が、途中まで誰を信じていいのかわからず、
精神がおかしくなってしまうひとがいて、
救いがないじゃないと、思いました。

父親、母親、子供のすべて同級生という繋がりを持ったふたつの家族。
方や、癌で母親がなくなり、もうひと家族の母親は自殺。
なんとも重苦しい始まりで、
それぞれの夫もおかしくなりかけている。
子供たちが一番しっかりしているかもと思うが、
それぞれに悩みを抱え、
小さな普通の幸せを願っている。

守るべき存在である子供たちが、
こんな大きな哀しい事件により成長したことが一番の収穫かもしれませんね。
大人の事情を知っても、取り乱す事なく受け止めたのは立派。

子供だと思っていたのに、
いつの間にかこんなに大きくなっていた。

最後はやっぱり救いで終わりましたね。
こういう終わり方でよかったです。






 ランキングに参加しています。
ぽちっと、応援していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
| 春色 | ー道尾秀介 | comments(0) | trackbacks(0) |
花と流れ星
 気になる作家さんですが、
まだ読んた作品は少なく、
真備シリーズという他の作品をまだ読んでいません。
亡くなった奥さんのこととか描かれているのでしょうか。

亡くなった奥さんに会いたいため、霊現象探求所を開設している真備庄介。
助手を勤める北見凛。
この探求所に度々顔を出す、ホラー作家の道尾。

この三人が関わることになるちょっと不思議な話の連作短篇集です。

作家というと切れ者のイメージがあるのですが、
こちらの道尾さんはちょっと頼りない残念な感じなんですね。
真備さんは、すっごく頭が切れるひとみたいだけど。

最初の『流れ星のつくり方』が好きかな。
少年の孤独と悲しみの裏にある好奇心。
がんばれ。って応援したい。

『モルグ街の奇術』
は、怖い。
全然トリックわからなかったよー

『オディ&デコ』
幼なじみの女の子ふたりの気持ち。
少し大きくなって差が付いてくる時、
人と違うことがうらやましくて、いじわるをしてみたい気持ち。
わかる。
でも、本当のいじわるには中々なれない。

『箱の中の隼』
これはまた、あの宗教を想像してしまいますね。
先日読んだ1Q84に出てきた宗教もそんな怪しさ満載でしたが。

そして最後の『花と氷』
凛の心情。
素直に喜んで見られない結婚式。
真備の気持ちも。
孫を亡くしたおじいさんの気持ちも痛いほどわかる。
哀しんだひとはいつ笑えるのだろう。
それは、もう笑ってはいけないのではないかと思うほどの哀しみがあったということで、
経験したひとでないとわからないかもしれない。
でも、やっぱり少しずつ・・
花も咲くし、氷も溶けるのですよね。








 ランキング参加しています。

ぽちっと応援、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:読書
| 春色 | ー道尾秀介 | comments(2) | trackbacks(1) |