本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
狐笛のかなた
ずっと前から読みたいと思っていた本。
異世界ファンタジーと言うのでしょうか、
上橋さんの世界ですね。

聞き耳、呪者、霊狐、使い魔、あわい、闇の戸、呪い、
聞きなれない言葉が多く出てくるし、
登場人物も多いのですが、
すんなり物語の世界に入っていけました。

両親を小さいころに亡くした小夜。
命を助けた子狐との出会いは運命であったかのよう。
屋敷に閉じ込められている少年とのつかの間の楽しみ。

大きくなった小夜が出会ったのは、
あの狐や、あの少年や、母を知っている人たち。

妖しい世界だけど、
真っすぐな愛が溢れている。
長年の恨みを持ち続けることを終わりにすることは犠牲が必要なのだろう。

小夜の姿が変わったとしても、
小夜が微笑んでいるのなら・・・

いいのかもしれませんね。






 
 『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

JUGEMテーマ:読書
| 春色 | ー上橋菜穂子 | comments(0) | trackbacks(0) |
獣の奏者 I 闘蛇編
よかったーーーーーーーーーー
もう叫びたくなっちゃう位!

本の雑誌2007年8月号で上半期ベスト1になった本です。
実はそれを見たときから読んでみたかったのですが、
こんなにいい本なのに、意外と本屋さんになかったんです。
すっごく探さないと見つからなくて。
どうしてでしょう。
『本屋大賞』も、取ってほし本です。

写真は、1の闘蛇編ですが、
もちろん2の王獣編も続けて読みました。

設定はとても不思議で、
異世界ファンタジーというそうです。

生き物と心をかよわせる不思議な少女の物語です。

展開もありきたりなものでなく、いい意味で最初から最後まで裏切りられました。

少女の繊細な心が、美しく、
決して人に慣れないと言われる獣にもその純粋な心がわかります。
獣だからこそ、わかるのではないかという位。

ネタばれになりますので、以下ご注意ください。



ここで言う獣とは、現実には存在しない不思議な生き物です。
絵がありませんが、ネバーエンディングストーリーのファルコンのイメージかな〜
でもすっごく凶暴な場面があって、胸が痛みます。

印象に残った言葉が、

この世に満ちるあらゆる生き物は、ほかの生き物を信じることができない。

という所。
空しいように感じるかもしれないけれど、
他の生き物に対する恐怖を抱えているから、様々な拘束の手段が生みだされる。
武力で、法で、戒律で・・

互いを縛り合ってようやく私たちは安堵する。

規則のないところなんてないですものね。
自由を重んじるとは言っても、ある程度規則がないと不安になってしまうかもしれません。

動物に対してはしつけは必要ですし。


とにかく一気読みで、素敵な素敵な物語でした。






ランキング参加しています。
読書日記で、現在1位(感涙)・・・応援ありがとうございます。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:読書


JUGEMテーマ:本の紹介


| 春色 | ー上橋菜穂子 | comments(3) | trackbacks(0) |