本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
消しゴムは嘘を消せない

離婚してヤケ酒をあおる男の前に突然現れた女性。
それがなんと透明人間だった。
見えない。らしい。確かに。
何でも消してしまえるという特殊能力を持つ女。
なんかSFの世界ですね。
そういう能力を持つ者たちの『組合』に追われている女に助けを求められ、
不思議な同棲生活が始まった。
離婚した元妻、その子供との関係も新に考える事態に。
透明であるというこがまるで単なるひとつの個性であるかのような受け入れ具合。
考えても考えなくてもおかしいのだけど、真剣に悩んでみる。
消えてほしいものほしくないもの。目に見えなくても信じられるもの。
うん。それだ。

| 春色 | その他のさ行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
ミストレス
色物のミステリーに恋愛ものとは少し違うけれど気持ち良い動揺を感じる作品たちでした。
コンサートを観賞しながら別もののコンサートが見えている。
コンサートミストレスの動きや雰囲気がただの夢だとは思えない。
調べるうちに実在の人物で自分との繋がりも見えてくる。

やまねという作品に出てくる結衣という女性。
こういう女性に惹かれてしまうのか。
破滅。いやこれで満足なのか。

ライフガードが良かった。
亡くした大事なひとが自分を守るために来てくれたのだと、
なんと嬉しいことでしょう。
記憶がおぼろげなものになろうと進んでいける。

宮木。
これは身勝手な男の自業自得だと思ってしまう。
| 春色 | その他のさ行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
夏の終り
 瀬戸内さんというと失礼ながら不倫のイメージがあります。
妻子ある作家と8年も不倫を続けている知子。
彼は律儀にも妻と知子のところと半分づつ通っている。
律儀というかなんというか女性としてこれは幸せなのでしょうか。
その上知子は年下の涼太とも付き合いを続けている。
男にお金をせがんでいるわけでなく、染色の仕事で食べていっている知子はやはり心が求めてしまうのだろか。
女ひとりでは寂しい。
かといって男を求め続ける激しい愛欲に哀しみさえ感じます。
結局別れることを決意する。
熱い思いをときおり思いかえしながら生きていくのだろうか。

| 春色 | その他のさ行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
少年H
 随分前から読んでみたいと思っていた本ですが、
映画化されてまた話題になっていたのでやっと読みました。
戦争のあった時代に生きた少年たち。
どのような暮らしでどんなことを考えていたか、
とてもリアルに描かれています。
こういう時代のものを読むと本当に日本が戦争をしていたことがあったのだと思いしらされます。
そして二度と戦争をしてはならないと。


| 春色 | その他のさ行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
三途の川で落としもの
 自分がベットに寝ている姿を見ている。ってドラマとかで死んでしまったときの情景でありますが、叶人もそんな状況。
橋から落ちて意識不明になって気がつくと天井に浮かんでベットに寝ている自分を見ていた。
でもここで普通だったら、まだ死にたくないって思うはずなのに、
12年も生きたからもういいや。って諦めてしまう。って、
どれだけの出来事が叶人にあったのでしょう。
次に気づいたときは三途の川。
救いなのはまた叶人は死んでいないってことです。
三途の川では未練が多いひとほどうまく渡ることがでなくて、
渡し守も苦労する。
そんな渡し守の二人の男と、死者の残した未練をさぐりに現実の世界へと戻っていく。
渡し守のふたりが江戸時代とかのひとたちなので、
現代へ来ても言葉や行動がおかしくて不信なのだけど、おもしろい。

叶人がもう死んでもいいやって思う出来事は、
いじめから来る親友への裏切り。
裏切られるのも辛いけど裏切るのも。
自分がいじめられなくなって親友がいじめられる。
これは辛い。
特に命が脅かされるいじめは絶対にだめです。
軽く書かれているようだけど、橋の欄干歩かせたら落ちる可能性はあるでしょ。
絶対にだめ。
取り返しのつかないことになります。
物語だとわかっていても哀しい。


| 春色 | その他のさ行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
私の遺言
 これはこれはすごいです。
私、霊的体験は全くありませんが、案外信じるタイプでもあります。
北海道に山荘を建てたときからいろんな心霊現象に悩まされるようになった作者が、
浄化するための30年に及ぶ闘いの記録。
霊能者と言うひとたちも多々いらっしゃるようだけど、
信用できるひと怪しいひと。
ここで見てもらったのはどれも信用できそうだし、
言われていること信じます。
見えたり感じたりしなくても、
過去からすべて繋がってそして未来へと続いていくのだと改めて思いました。
それにしても過去のひととちょっと会ってみたいような、
でもやっぱり怖いような。
すべての霊魂が成仏して穏やかでありますように。

| 春色 | その他のさ行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
わたしがいなかった街で
 私が今生きている場所で、私が産まれる前にも生きていたひとがいる。
65年前の終戦の年に書かれた日記を手にし、今と昔が交差する。
戦争が明日終わるのに知らずに死んでいった人たちがいた。
過去は遡って感じることができるけれど、
先のことは誰にもわからない。
戦争を知らなくてもその悲惨さを忘れることなく伝えていきたい。
明日にはもしかしたら会えなくなっていしまうかもなんて。
大事なひとを思い日々を生きよう。

| 春色 | その他のさ行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
約束の森
 長編ですがノンストップミステリー。
先が気になって一気に読んでしまいました。

妻を殺人事件で亡くした男、すべてをなくして男にはもう怖いものはない。
そんな男がついた任務は、北の辺境でのモウテルの管理人。
若い男女と親子になりすましての暮らしが始まった。
そこに傷ついた1匹の番犬。
誰を信じたらいいのか二転三転しながら敵は誰なのかどこなのか。
不安と、奇跡が起きるのではないかという期待。
基本犬が好きなので、人間たちが犬を傷つけようとすることが許せない。
どうかマクナイト(犬の名前)を傷つけないで。
人間を信じさせてあげて。
どうか安らぎを。

妻を思い続けた気持ちに一区切りつけ、
新たな日々を生きる。
マクナイトお願いね。

| 春色 | その他のさ行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
真綿荘の住人たち
こういう下宿生活ってちょっと憧れます。
最近でシェアハウスとかがおしゃれなのかな。
でも実際難しいことも多いのではないかな〜と思ってしまいます。
小説の中ではなかなか個性もの揃いでおもしろいですけどね。

| 春色 | その他のさ行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
おもかげ復元師
 『おくりびと』が注目されてから納棺師についても広く耳にするようになったのですが、
この本の女性納棺師の方には本当に頭が下がります。
大震災のとき小さな女のこの亡がらを前に、
法律の壁で何もしてあげることが出来なかったという悔しい思いから、
その後の行動力。
ただただ尊敬します。
こんなふうに復元することが出来るなんて知りませんでした。
笹原さんのその手は本当に魔法使いのよう。
実際を目にしたわけでなくともそう感じます。
生きていたときのような顔。
家族がその死を受け入れきちんとお別れできるように、故人のおもかげがいかに重要か。
命あるもの必ず行く道。
その最後の一瞬を笹原さんみたいな方に委ねたい。
ただただありがとうございますです。



| 春色 | その他のさ行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |