本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ピスタチオ
 老犬と暮らすライターの女性。
ペンネームとしてつけたのが、「棚」
以降、棚さんとして登場するのだけど、
なんだか変な感じ。
そしてアフリカに取材に行ってから、
亡くなった知人たちのことが絡み、
現地の摩訶不思議な儀式が絡み、
生きること。
死ぬこと。
考えます。
ちょっと気分が暗くなっちゃう。








 ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介 
| 春色 | ー梨木香歩 | comments(0) | trackbacks(0) |
f植物園の巣穴
なるほど〜
これは同じ梨木さんの『家守奇譚』と空気感が似ています。
ありえない接待に出来るのが小説だから、
おもしろい設定だとは思います。
でも、前半はちょっと意味がわからなくて、
疑問符がいっぱいでした。

前世が犬だったからと言って、犬になってしまう奥さんがいる歯医者。
歯医者のだんなさんも変だよ。
こんな歯医者やだ。

舞台は植物園で、自然の描写は癒しをくれるし、
どこが懐かしい雰囲気があります。
わけのわからない場所に迷いこんでしまった。
いったいどこにいるのか。
主人公と同じように迷路にハマっているような気分でした。




 ランキングに参加しています。
ぽちっと、応援していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
| 春色 | ー梨木香歩 | comments(2) | trackbacks(1) |
家守綺譚
JUGEMテーマ:読書


これは以前から読みたかったのですが、迷っていました。
が、古本屋で100円でした。
なんだか申し訳ないくらいです。

梨木さんワールドですね。

家自体が、雰囲気ある田舎の一軒家ですが、
その庭や周りにある、木々や草花たちに命が宿っているかのような物語がさくさんありました。

亡くなった友だちが掛け軸から出てきたり、
迷いこんで来た犬も、不思議ちゃん。

たぬきに化かされたり、河童がいたり、
昔昔は、本当に信じられていたような気になる。
ほんの100年すこし前の話・・・とあるが。

陰陽師の世界と似ているように思うのは私だけ?




ランキング参加しています。

↓『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:読書


| 春色 | ー梨木香歩 | comments(0) | trackbacks(0) |
裏庭 (新潮文庫)
旅行に行く時、飛行機の中でどの本を読もうかすごく
悩んで(変なことに悩む私)
夢中になれる本がいいな〜と思って
今まで読んだ本も好きな梨木さんの、裏庭にしたのだけど、
ちょっと好みの本ではありませんでした。
この作品は児童文学ファンタジー大賞を受賞している。とのことで、
かなり期待したのだけど、
複雑すぎる。というか、(私が頭悪いのか)
心の中を深く深く、描いているようだけど、
難しいです。はい。



というか、読書って、その時の自分の状態によって、
読みたい本。心に響くものがちがうかもしれないですね。

最近は割と、青春もの。学生が主人公のものを読むことが多いように思いますが、
次は、全然違うものを読みたいと、思います。


ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介


| 春色 | ー梨木香歩 | comments(0) | trackbacks(0) |
からくりからくさ
なんとまあ奥深く、いろいろな事がからみあっていることか。
『りかさん』の続きのようだったから、読んでみたのですが、やっぱり不思議なりかさんですが、こんなにも存在感があるとは。
普段生活していて、先祖のこと考えないけれど、縁(えにし)というものの、大きさをも、感じました。


ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介


| 春色 | ー梨木香歩 | comments(0) | trackbacks(0) |
りかさん
こ、これは・・映像だったら、私見られないと思う。
おどろおどろした、ホラーではないかもしれないけれど、
これが映像だったら、やっぱり怖い。
ホラーは、絶対見られない人なので・・

黒髪の市松人形が、しゃべる。と聞いただけで、最初は読むのやめようかと
思ったもの。
ほら、黒髪が伸びる人形。とか昔聞いたけとあるし、
恨みとか、怨念とかと、何故かつながってしまう。

りかちゃん人形が欲しかったのに、
市松人形のりかさん。が来たらやっぱりちょっとやだ。
でもそこが主人公の、ようこちゃんの違う所。
すぐに、しゃべるりかさんを、受け入れてしまう所なんて、
やっぱりホラーだ。

人間の命には限りがあるけれど、変わりに人形が、
昔の人の思いとか、悲しみをいっぱい受け継いでいるのかもしれないと、
思うけれど。

雛人形がお話の中にも出てきますが、
自分の雛人形は、ちよっと自慢・・・
あの当時はよくあったのかもしれませんが、
お内裏様とお雛様を飾る所が御殿になっていて、
7段飾りのそれは豪華なものでした。
御殿を飾るのは、毎年、ちょっと面倒だけど、楽しみでもあったことを覚えています。
娘が生まれた時に雛人形やさんを見ても、そういうのはありませんでしたから、
今は、コンパクトなものが主流なのかな。
でも、私もそんなに思い入れがあるわけではないので、
豪華にする必要はないと思うのですけどね。

でもやっぱり、梨木さんのお話はおもしろい。
成長した「ようこ」と「りかさん」のお話もあるので、
読んでみたいと思います。


ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介


| 春色 | ー梨木香歩 | comments(0) | trackbacks(0) |
エンジェル・エンジェル・エンジェル (新潮文庫)
からくり小説。っていうのですね。こういうお話。
ミステリーとは違うし。
少し前に読んだ、クローズドノートや、天使のナイフ、イニシングラブもその種類になるかもしれない。
いつも言っているように思うけれど、ほんと、こういう好きな本を読む時間に癒される日々です。
ばばちやま。天使がいっぱいですね。


ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介


| 春色 | ー梨木香歩 | comments(0) | trackbacks(0) |
西の魔女が死んだ (新潮文庫)
題名から受ける印象は、恐い魔女の話だと思いました。
だけど、暖かく優しい世界が広がっていました。
お料理をしたり、掃除をしたり、洗濯をしたりすることが、とても気持ちがよさそうなのは、魔法のせいかしら!?
中学生くらいから充分読めると思います。
学校がいやだな。って思っている子にも、疲れている大人の方にもお薦めです。


ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介


| 春色 | ー梨木香歩 | comments(0) | trackbacks(0) |
沼地のある森を抜けて
久しぶりにとても好きな小説に出会いました。
私が最近読んでいた本の中では長編でしたので、随分前に買ったままになっていたのですが、もっと早く読めばよかった。
起きるはずのない否科学的なことだけど、もしかしたら、ありうるのでは・・と、思ってしまう。
そんな、不思議で、ちょっぴり恐くて悲しく、でも感動しました。
大きく言ったら、命のつながりがテーマなのかもしれません。
筆者の別の本も読んでみたくなりました。


ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介


| 春色 | ー梨木香歩 | comments(0) | trackbacks(0) |