本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ベーコン
食べ物がテーマの短編集。
どれも、大人の恋愛が絡んでいます。
食べるという当たり前の行為の傍らには、
恋が終わったり、始まったり、
誰かが亡くなったり、仕事がうまくいかなかったり、
不倫や離婚や、結構複雑な事情がありました。
暗い出来事が多いのに、落ち込む気分にならないのは、
おいしいものを食べるときはやっぱりうれしくて、
きっとみんな少し笑顔になるからだろう。








 ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介 
| 春色 | ー井上荒野 | comments(0) | trackbacks(0) |
切羽へ
 題名の意味がわからなくて、最初ひとの名前かと思ったのですが、
全然違いましたね。

島の小学校で養護教諭として働くセイ。
夫の陽介は画家。
とても静かで暖かな日々がありました。

島の暮らしというのは経験したことがないけれど、
よそから来た人は異質に感じるものなのでしょう。
教師としてやってきた石和聡の存在が、
セイの心を揺さぶる。

と、どろどろになっていくのかと思ったらそうでなく、
行動に移さず、思うだけでこういう世界を作るのは作者の力でしょうか。

逆にすぐ行動に移す、同じ教師の月江。
まさしく不倫真っ最中のわかりやすい行動をする。

対照的なふたりの女の生き方。

1年、季節を追いながら島の暮らしを感じることも出来た物語。
何も変わる事なくまた季節は巡るのでしょうか。






 ランキングに参加しています。
ぽちっと、応援していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

| 春色 | ー井上荒野 | comments(2) | trackbacks(0) |
ズームーデイズ
7歳年下のおしゃれな男の子。
あだ名はズームー。
そんなズームーと暮らした7年の日々。

父親が亡くなったり、母や自分の病気など大変なこともあったのに、
すっごく淡々と描かれています。

最初のころの濃密な日々から、
お互いあまり干渉しなくなり、
仲が悪いわけではないのに、
前に進むという雰囲気はない。

一緒に住んでいるのに、ズームーの仕事が忙しくてゆっくり話すことも出来なくなっても、
なんとなくそのまま、ずるずる。
このままでいいような、
だめのような。
ここまでなってしまうと、区切りの付け方が難しいのかもしれない。

それでも別れは突然やってくる。



  ランキングに参加しています。
ぽちっと、応援していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

JUGEMテーマ:読書
| 春色 | ー井上荒野 | comments(0) | trackbacks(0) |
雉猫心中
ただ、猫という文字を見て読むことにしたのですが、
んーーーこういう話だったとは・・

一言でいうと不倫の話なのですが、
わけがわかりません。
どの人にも魅力がないので、感情移入できないです。
猫のヨベルの存在が関係を結びつけたようだけど、
そんな猫ちゃんたちもなんだかかわいそうな状況になっています。
猫好きさんにはお薦めできませんね。





 
  『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

JUGEMテーマ:読書
| 春色 | ー井上荒野 | comments(0) | trackbacks(0) |
だりや荘 (文春文庫 い 67-1)
井上荒野さんの作品は暖かみがあると思います。
今回の作品も、実は残酷というか不倫が絡む話なのに、暖かく感じてしまうのは何故だろう。
杏の存在かしら。

ネタばれあります。



一言で言ってしまえば、不倫。
夫が自分の姉と、不倫しているのよ。
いやだな〜
姉妹も仲がよく、
うまくいっているようだけど、
中身はかなりどろどろだよ〜

多分、妹も姉も、
知られていることをわかっている。
かなりどろどろになるだろう所を、
自然のなか、山の空気、ペンション経営という設定が
静かにさせている。

美しい姉に嫉妬するでもなく、
知らないふりをする妹がかわいそうに思うけれど、
この杏、って妹も、魅力があるひとだと思う。

そんなふたりを相手にしている、夫さんがいやだけど、
これまた、憎む雰囲気にさせない所が、
井上荒野という作家だと思いました。



ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介


| 春色 | ー井上荒野 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヌルイコイ
カタカナで、表現してあると、
見ただけでは、何のことかよくわからないですね。

ぬるいって、こういうことか。って。
おもしろい表現するな〜

一言で言ってしまうと、不倫の話なのだけど、
どろどろしていなくて、ぬるい。という表現通りに、
ゆっくりと時間が流れています。

もっと、事件が起こったほうがおもしろいと思うのは、
最近ミステリーをよく読むからかな。

ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介


| 春色 | ー井上荒野 | comments(0) | trackbacks(0) |
森のなかのママ
久しぶりの小説。
とっても読みやすい本でした。
だって字もとっても大きくて・・・・
もう少し小さな字でもいいから、本を小さくしたらいいのに・・・

読んでいて、昔読んだ漫画『アリエスの乙女たち』の路美のママを
思い出しました。
女性として見たら全然違うのだけど。

それにしても、ママのもてもてぶりは、すごいですね。
ドラマとかになりそうな設定です。
悔しいけれど、ちょっと憧れてしまうようなママでした。


ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 春色 | ー井上荒野 | comments(0) | trackbacks(0) |