本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
夜去り川
素性を隠して渡し船の船頭として町に住み着いた喜平次。
医学の知識が少しあったり、村人から頼られる存在となっていく。
町の大店、春日屋の女将が亡くなって以降おかしなことが起こり始める。
信じていた男の裏切り。
大事なひとを守りたい。
そして親の仇を討つために生きていたのだと。
川を渡るという行為が己の進む道を示すために存在するかのよう。
うまく描かれています。
希望が感じられる終わり方でした。
| 春色 | ー志水辰夫 | comments(0) | trackbacks(0) |
みのたけの春
幕末の時代、農村で暮らす若者の苦悩。
仲間が起こした事件から、思わぬ波紋が広がっていく。

友を守りたい。
家を守りたい。
男の価値。

家の存在、親の存在は今とは比べ物にならない大きさがある。
時代は日々変わっていくけれど、
変わってほしくないものまで、変わっていく。
最後の言葉にすべてがあります。

歩いていかなければならない。
みのたけの道を。

親がある。
子がある。










 『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

JUGEMテーマ:読書
| 春色 | ー志水辰夫 | comments(0) | trackbacks(0) |
帰りなん、いざ
JUGEMテーマ:読書


読みやすいミステリーを書くひとですね。

都会から田舎暮らしのため移り住む。
町おこしのための蕎麦屋さん。

よくありそうな舞台ですが、
地元のひとたちの思いは、部外者をなかなか受け入れることができない。

ミステリーだから、殺人になってしまうのでしょうけれど、
こういう村に住むひとたち、移住したいと思っているひとたちが実際にたくさんいるでしょうから、
実際は何か、もっと夢があると信じたいです。



ランキング参加しています。

↓『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:読書

| 春色 | ー志水辰夫 | comments(0) | trackbacks(0) |
行きずりの街 (新潮文庫)
これは1991年のミステリーの1位だそうでして、
最近のミステリーと比べてみよう。って帯に・・・

昔はあまりミステリーを読まなかったのですが、
やっぱりミステリーの良さは、どきどきはらはらの刺激、現実とは違う世界。

そんな風に思うとちょっと地味な展開かな〜と思ったのですが、

じわじわと追い詰められれはらはらどきどき。

失踪した教えを探しているうち事件に巻き込まれ
危険なめに遭うのですが事件の裏にはやっぱり恋模様もからみ、
別れた妻との再会。

やり直せるよね。


ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介



| 春色 | ー志水辰夫 | comments(0) | trackbacks(0) |