本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
美雪晴れ みをつくし料理帖
以前は本屋さんでも探さなければならなかったこのシリーズもいつの間にか人気シリーズとなり、
本屋でも目立つところに置かれるようになりました。
嬉しい反面、そっと人知れず本当に好きなひとにだけ読んでほしいような複雑な思いがする小説です。

物語はいよいよ佳境に入ってきました。
澪と共に慣れない江戸で暮らす元天満一兆庵のご寮さんお芳。
一柳のだんなさんに見初められ新な道を歩むことに。
悲しい出来事の多かったつる家の面々にも明るい話題だった。
そしてひとり息子の佐兵衛のこと。
やっと会うことが叶うも、料理の道を捨てて生きている息子。
そして澪は、自身の料理人としてこの先どう歩んでいくべきか悩む。
幼馴染の野江のこと。
どうしても自分で手を差し伸べたい。
そのためにつる家を辞してもやり遂げたい想い。
澪の料理の腕に多くのひとが惚れ込むも澪の気持ちはただひとつ。
それに気づかせてくれたのは・・
新たに登場したお臼も料理人の政吉もいい人そうでよかった。
澪の作る料理の味がきちんと食べるひとたちに伝わること。
これがいつもすごいと思うのだけど、
これだけの思いのこもった料理。
何ひとつ手を抜かず、ただただ食べるひとのことを思い仕上げていく。
料理は食べればなくなってしまうものだけど、
食べたものがひとを作る。
最初から何も変わらない澪ちゃんの道。
さて、次回完結だそうです。
小松原さまの登場がなくなって寂しいですが、
番外にちょこっとうれしい試みがあります。
本当はもっときちんと本編で登場してほしいのだけど、
こればっかりは叶いませんかね。
野江ちゃんとのことはきっときちんと解決するのでしょう。
どんな形になろうとも澪ちゃんを応援する気持ちに変わりなく、
次回作を待ちたいと思います。
| 春色 | ー高田郁 | comments(2) | trackbacks(0) |
ふるさと銀河線
澪ちゃんシリーズの作家さんが、初めて現代の家族を描いた短編集。

リストラされたご主人。
きちんと生きてきたから奥さんあはわかってくくれる。
いいラストです。

子供を亡くしたり、両親が亡くなったり、
アルコール依存症、認知症。
辛いこと悲しいことたくさんあって生きにくいけれど、
丁寧に生きる人たちが手に入れる小さなしあわせ。
心が温かくなりました。
| 春色 | ー高田郁 | comments(0) | trackbacks(0) |
残月 みをつくし料理帖
 待ち遠しかった『つる家』の再開。
読者としたら再会という気持ちです。
前作のラストで吉原の大火により又次が亡くなり、
その哀しみのまま待っているのが辛いほどでした。
でもつる家や皆の日常がそこにありました。
こういうシリーズものは主人公の成長も楽しみでありそれを見守っている気持ちにもなるのですが、
澪の話し方が最初は違和感を感じるほどに変わりました。
いえ成長しようとしています。
又次さんから託された思いが澪を変えたのでしょう。

ああそれにしても最初からおいしそう。
鮎飯に鯵の棒寿司。
食べたいーー

決して手をぬくことなく丁寧に丁寧に料理をする姿。
それをふきちゃんに教え自らは新しい調理法を考える。
大坂で好まれたものが江戸でうけないということも多く経験してきた澪だけど、
高野豆腐もこんなふうになるのですね。

そして澪の胸にいつもあるのは、
あさひ太夫の身請けと天満一兆庵の再建。

澪と野江として再会することがいつか叶うのだろうか。

天満一兆庵の若旦那だった佐兵衛との再会。
芳を苦しめるだけになってしまうかもと思われたけれど。
そんな芳の今後、前向きに描かれます。
一兆庵の女将として生きていたころと少しも変わっていない芳のふるまいが素晴らしいです。
きちんと生きているひとには途は開けるのだと思えます。
だから澪や野江ちゃんも幸せになってもらわなくちゃ。
生きていてよかったと思える人生に。
次回は新たな場面での澪が描かれるのでしょうか。
すでに楽しみです。



| 春色 | ー高田郁 | comments(2) | trackbacks(0) |
あい 永遠に在り
大好きな澪つくしシリーズの作家さん。
こういう実在の人物を描くこともあるのですね。

さて、私はこういうあまり日の目をあびていない実在の人物の軌跡を追った小説が好きです。
今までも植松三十里さんの小説など、どれも大好きで読んできました。
記録としてあまり残っていないそうなので、あくまでも物語として脚色されているものですが、
その時代背景とともに生きていた人物のことが、
とても愛おしく思えてきます。

関寛斎という、医師でありながら晩年は北海道の開拓に命を燃やした人物。
その妻の『あい』がこの物語の主人公です。

田舎の農家の三女に生まれ、ほとんどは同じ土地で農家として一生を過ごすのだけど、
医師になった男に嫁いだあいは、場所も全国あちこちへ移り住み、
夫の志を傍らで支え続ける。
子供のころ寛斎の母に仕込まれた機織りの技術はどこへ行ってもあいを助け、
百姓生まれの立派な心根は両親や姉から受け継ぎ、
どこへ行ってもくじけることなく進んでいく。
まず第一に夫を信頼しそこには愛が。
夫に限りない援助をしてくれる人物が現れるのも、もちろん寛斎その人物の生き方姿勢によるものだけど、
いつもそこには『あい』が、
離れて暮らしていても必ず『あい』が感じられる。

子供を亡くす哀しみが幾度もあいを襲う。
そういう時代だったのかもしれないけれど、
生きていくだけで精一杯。
どんなに貧乏しても食べるものがなくてもくじけることなく進む勇気。
愛だけでこうも生きられるものでしょうか。

山桃のエピソードが秀逸です。
素敵な夫婦の物語でした。


| 春色 | ー高田郁 | comments(0) | trackbacks(0) |
小夜しぐれ
 大好きなシリーズ、ついに第五弾です。

季節を大切に、素材の良さを活かし、心をこめて料理に臨む。
申し分のない料理人の澪ちゃん。
まだ女性の料理人も少ない時代で、澪ちゃんの料理の味に惚れ込んた人たちが増えてきました。

そして毎度気になるのが澪ちゃんの恋。
恋いこがれる小松原さまの存在。
前回、小松原さまの母上さまが登場、
今回いよいよ正体がわかります。
もう小松原さまが登場した時点で私がうるうる。
私が恋しているかのように(^^;
澪ちゃんの純粋な気持ちが痛いほどわかるんですもの。

そして、同じ名前を持つ、日本橋伊勢屋の娘、美緒。
美緒が恋するのは、医師の源斉。
しかし、この時代、想いを寄せるひとと添うことは中々叶わぬこと。

幼なじみの野江も少しだけ登場。
野江が出てくるだけでもやっぱりうるうる。

澪のお世話になっているつる屋の店主、種市のことも心配でした。
別れた女房のせいで死んだ娘のこと。
娘が死んだ直接の原因となった、絵師の存在。
これは赦すことは出来ない。
でも種市に犯罪者になってほしくはない。

澪ちゃんとふきちゃんが頑張りました。

そして、芳が探している息子の佐兵衛。
ついに見つけたと思ったけれど。

みんなに幸せになってもらいたいのに、思うようになりません。

あ〜すぐに続きが読みたいです。







ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介  
| 春色 | ー高田郁 | comments(4) | trackbacks(0) |
今朝の春
大好きな『みをつくし料理帖』シリーズ第四弾です。
この本は、ブログを訪問してくださっている、りんぱぱさんに教えてもらったので、
りんぱぱさんも読んだかな、と思っていたら、
コメントがあってびっくり。
感想を書くのが、遅くなってしまいましたが、行きます。

第三弾では、澪が想いを寄せる小松原さまが少ししか登場しませんでしたが、
今回は最初から最後まで登場しますよ。
小松原さまの関係者登場に、その言葉に、
最初からぼろぼろ泣いている私。
母の立場で来られると弱いな〜

違う世界に生きていても、親友野江への思いも変わる事はありません。

物語が進むごと、新しい料理が出来ていくのですが、
本当に本当に、料理に対する姿勢に頭が下がります。

手間を惜しまず食べるものの気持ちを第一に考える。
料理人としてお金をいただいて提供している料理だということもあるでしょうけれど、
家庭の料理にだって通じることは多いです。

日々食べるものがその人を作る。
なんて責任が重いのでしょう。
でも、いつも心に陽だまりを抱いている澪ちゃんだって迷うときもある。


身分違いがなによーー

負けるな澪ちゃん。









 ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介
| 春色 | ー高田郁 | comments(0) | trackbacks(0) |
想い雲
 大好きな『みをつくし料理帖』の第三弾です。

第二弾までで明かされなかった、いくつかの謎がわかるのかと、
期待をこめて読み始めました。

運命により引き裂かれ別々の世界で生きる、幼き日の親友、澪と野江。
ふたりは会うことが出来るのか。
店に来てくれるのをただ待つだけで、想いを寄せる淡い恋、澪の小松原さまへの気持ち。
その小松原さまの正体。
奉公先の若主人の失踪の謎、ご寮さん芳の息子佐兵衛。
行方は・・
別々に奉公する幼き兄弟の想い、ふきと健坊。
泣ける要素がこれでもか。と詰まっています。
最後の健坊が見つかった時なんて、
涙でかすんで読めなくなってしまった(泣)

若旦那と最後に一緒にいた富三が現れたものの、
料理人にあるまじき行いが、残念でなりません。
料理人でもいろんな人がいるのですよね。
これまでも、澪の料理をわざと真似たり、いやがらせをしたりなど、ありましたし。

澪の作る料理がおいしそうなのは言うまでもないのですが、
そんな澪にも戒めのような出来事が最後に起こります。
簡単に成長させないんですよね。

あ〜あとやっぱり野江とのことは、泣けてしまう。
仲良く過ごした幼き日の日々が自分のことのように思い出され、
全く違う世界に生きるふたりが、
いつか手を取り合って語り合える日が来るように願わずにはいられません。

とてもいい人がいっぱい出てくるのだけど、
天災などをのぞいて、一番恐ろしいのは生きている人間だ。
という言葉が印象に残ります。
そして、恐ろしいのもひとだけど、
このうえなく優しく温かいのもひとなのだと・・

手を差し伸べるのだけが優しさではない。
子育ての勉強にもなっていそうです。

すでに第四弾が楽しみでなりません。







ランキング参加しています。

ぽちっと応援、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
| 春色 | ー高田郁 | comments(4) | trackbacks(0) |
花散らしの雨
期待していた、みをつくし料理帖の二作目。
とても好きな作品なので、
早く読みたい気持ちを抑え、大事にゆっくり読みました。

最後から言ってしまうと、まだまだ続きがある終わり方ですね。
恋をしなくちゃいけないしね。
澪ちゃん。

前作での、おいたちから幼なじみの野江との関わりが感動的でしたので、
野江ちゃんの話が少しでも出てくると、うるうるの私。
澪ちゃんの姿を見た野江ちゃんは、きっとまたがんばれる。

そして、料理作りを愛し、周りの人たちを愛し、
まっすぐな澪ちゃんは健在でした。

今って、年中いろいろなものが食べられて、
お料理の旬がどんどんなくなっているように思います。
この時代の人たちの様に、
食べ物でその季節が待ち遠しくなるような気持ち。
いいですね。






 ランキング参加しています。

ぽちっと応援、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:読書
| 春色 | ー高田郁 | comments(2) | trackbacks(0) |
出世花
 江戸時代の『おくりびと』と、あるように、
死を弔う墓寺で、遺体の湯灌をする娘を描いたもの。

父を亡くした時に出会ったのがこの墓寺の住職。
父親の遺した言葉通り、成長と共に名を変えることになった娘。

死者に対する姿勢が美しい。
正視できないような場面でも、ここまでのことが出来るのか。
女だからこそのこともある。

自身の生い立ちに卑屈になることなく、
母親に頼ることもなく、
凛と生きる、お縁ちゃん。立派です。





 ランキングに参加しています。
ぽちっと、応援していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
| 春色 | ー高田郁 | comments(2) | trackbacks(0) |
銀二貫
 仇討ちで父を亡くし、身寄りのなくなった10才の少年が、
寒天問屋で奉公しながら暮らす日々を描きます。

目の前で仇討ちを目撃した、寒天問屋の和助は、
商人らしく「銀二貫」で仇討ちを買い取るという。
大事な大金をこんなことに使ったと番頭の善次郎は不満で、
松吉に辛くあたる。

大火など不幸な出来事が何度もあり、
人情と恋と、上方商人の心意気。
時代小説によくある展開なのだけど、
真帆と松吉のやきもきしてじれったい淡い恋にまんまとハマってしまいました。

銀二貫をためるのに年月がかかっても、
それだけの価値のあるものだったと、
実に22年。
やっとつかんだ幸せに涙涙・・

物に溢れた時代に生活していると、
今では当たり前になっているどんな物も、
初めに考え出した人の苦労があるのだと、
改めて思いました。
羊羹ひとつ、寒天ひとつ、愛おしく思えます。
寒天作って食べたくなりました(^^)






ランキングに参加しています。
ぽちっと、応援していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
| 春色 | ー高田郁 | comments(0) | trackbacks(0) |