本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
坂本ミキ、14歳
 ある家族の物語なのですが、
7人皆なんと個性的なのでしょう。

ニートの父親、
息子溺愛の母親、
サプリ漬けのおばあさん、
家を出た短大生の長女、
美少女だけどあぶない系の高一の次女、
唯一まともそうな中二の三女、
いじめに悩む成績優秀な中一の長男(末っ子)

三女のミキを中心に物語は進みます。
中学2年のミキのクラスでは、女の子たちがグループを作って固まる。
そうそう女の子ってそうよね。
仲間はずれにはなりたくなくて、
誰かと群れる。

目立つことをするといじめの対象になってしまうかもしれないから、
誰かのそばにくっつく。

重松清氏の青春小説には、よくかっこいい女の子が登場するけれど、
そんな感じ。
自分ではそう思っていないだろうけれど、
ミキちゃんもなかなかやるね。

学校でも家へ帰っても大変だこりゃ。
この家族いったいどうなっちゃうのだろう。って
心配は、杞憂に終わり。
なんか平和かも。





 『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

JUGEMテーマ:読書
| 春色 | ー黒野伸一 | comments(0) | trackbacks(1) |
長生き競争!
今年最初の読書です。
皆様、今年もよろしくお願い致します。

見ませんでしたが、年末にドラマをやっていたみたいですね。
読みながらちょっと俳優を確認してみたら、
だいたい想像通りでした。

話は、幼なじみで76歳の男女6人が、
誰が一番長生きするか、賭けをしよう。というもの。

幼なじみとはいっても、小学校以来に会ったひともいて、
どんな人生を送ってきたか、
今、どんな暮らしをしているか、
本当に皆それぞれだけど、
自分の生活の場以外で、こうして仲間がいる。ってことがとても重要なのだと思います。

昨日話しをした友が、今日は逝ってしまった。など、
悲しいのだけど、それだけでなく、
老いても尚、新しい発見があります。

高齢の登場人物のなか、ひょんなことから知り合ったエリという女の子。

老いても若くても、同じ悩みをかかえることもある。

先日、ある方が、

老いることはうれしいこと。だとおっしゃっていました。

それは、

わかる(知る)ことが多くなってくるから。

世の中のことがいろいろわかってくると楽しいのだそうです。

年を重ねても、そういう人になれなかったら切ないな〜
新年から、ネガティブな私(^^;

誰の人生も必ず終わりはきます。

少しずつでも、やりたいこと、出来ること前向きにやっていきたいと思います。









 ↓『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:読書
| 春色 | ー黒野伸一 | comments(2) | trackbacks(0) |